産後の骨盤調整コース(全8回)

産後の骨盤調整コース (1回)6,500円
回数券(8回)45,000円

 

こんな症状でお悩みではないですか?

☑下腹がぽっこり出てきた      ☑生理不順やひどい生理痛がある

☑妊娠前のズボンが入らない     ☑出産後、肌荒れが気になる

☑腰痛でつらい           ☑お尻が大きくなった

☑恥骨のあたりが痛くなる      ☑便秘がひどくなった

 

出産時の骨盤の状態

骨盤はこんな形をしています。

女性の骨盤は赤ちゃんが入る場所でもあるので、男性と比較して横に広い形をしています。

妊娠中には「リラキシン」というホルモンが出てきます。リラキシンは、卵巣や子宮、胎盤などから分泌される女性ホルモンの一つです。このホルモンには関節や靱帯を緩める作用があるので、分娩時に骨盤などの関節や靱帯が緩まって、赤ちゃんが産道をスムーズに通り抜けられるのです。リラキシンの分泌は、出産のためになくてはならない仕組みなんですね。

リラキシンは妊娠中だけでなく、生理中や生理前にも分泌されます。普段から猫背になっていたり、左右どちらかに体が傾いていたりすると、骨盤が正しく体を支えられず、腰周辺の筋肉に負担がかかっています。そんな状態でリラキシンの影響を受けると、さらに負担がかかって腰痛がひどくなってしまいます。

 

産後に骨盤が歪むのはなぜ?

リラキシンの作用により妊娠中に開いた骨盤は、産後3~4ヶ月くらいかけて徐々に元の位置に戻っていくのが一般的です。(骨盤は8時間おきに左右交互に戻っていくそうです。両方同時じゃないんですって!)

しかし、妊娠期間中に筋力が低下していると、正常な位置に戻りにくくなります。特に骨盤内のインナーマッスルや内腿の筋肉が弱くなると歪みが出やすくなります。

また、妊娠中や日常的に横座りや足組みをしたり、どちらか片方の腕や肩で荷物を持つ癖があったり、産後にあぐらをかいて授乳したりしていると体への負担が大きく、骨盤の歪みの原因になってしまいます。

骨盤の歪みは経膣分娩だけでなく、帝王切開であっても起こります。出産に向けた体の準備は同じ様に進むからで、骨盤は開いて歪みも生じています。そのため、帝王切開であっても骨盤調整が必要なことが多いです。

 

なぜ産後に骨盤調整が必要なのか?

骨盤が歪んだままだと筋肉のバランスが崩れ、血流やリンパの流れが悪くなり、冷え症や新陳代謝の低下を招きます。骨盤の歪みが神経を圧迫し坐骨神経痛が出たり、仙骨や尾骨、恥骨の痛みなどが出る事もあります。

また、内臓が元の位置にとどまれず下がってくることから、それを支えるために皮下脂肪が増えてしまい、産後太りになる可能性があります。

筋肉のバランスが崩れているので、腰痛や膝痛、股関節痛の原因になるだけでなく、全身的なトラブルも起きやすくなります。

さらに、二人目を妊娠したいと思ったとき、二人目不妊の原因になる事もあります。

骨盤の歪みや筋力の低下により卵巣や子宮などの骨盤内の臓器の血流が悪くなり、機能低下を引き起こして排卵や着床の障害につながる可能性があるのです。

出産後はすぐ子育てに大変な日々が始まりますが、ママの体のケアも非常に大切です。

出来るだけ早めに骨盤の歪みを治しましょう。

 

当院の骨盤調整の特徴

当院では骨盤だけを調整することはしません。

なぜなら、人間の体は骨盤から頭まで、背骨でつながっているからです。しかも、各パーツ毎にバラバラに動くわけではなく、全体が連動してトータルで動きます。

だから当院の産後の骨盤調整は、全身を調整して、全身を根本から改善していく事を目的としています。

背骨や骨盤を中心に、全身を整えることで、筋肉のバランスが整い、血流やリンパの流れもよくなって代謝が上がるので、冷え性の改善やダイエットにもつながります。

また、骨盤の歪みと同時に股関節が捻じれている事もあるので、それを改善するための施術も行います。こうすることで、より骨盤を安定して支える事ができるようになります。

 

骨盤の歪みを自分でチェックする方法

①片足立ちが続くか・・・目を閉じて、片足で立ちます。10秒以上立ち続けられない場合は、骨盤が歪んでいる可能性があります。

②目をつぶってその場で足踏みを30回する・・・前後左右に動いたり、回転していませんか?右に動いていたら右に、前に進んでいたら前に骨盤が歪んでいますよ。

③足を組み替えると違和感がある・・・イスに座って脚を組んだ時、「右は組みやすいけど左は組みにくい」などと感じる場合は、骨盤が歪んでいる可能性があります。

④イスに座った時、膝がそろっているか・・・背筋をまっすぐに伸ばすイメージでイスに座り、両手は自然に横に下ろします。この時に左右どちらかの膝が前に出ていたら、出ている方向と逆に骨盤が捻じれている可能性があります。

 

自分でできる体操

①お尻歩き・・・足を伸ばして床の上に座り、お尻で前後に進みます。10分ほどのエクササイズで、歪みの改善や新陳代謝のアップに効果がありますよ。

②骨盤回し・・・ゆっくりと骨盤を回すことで、骨盤を正しい位置に導いてくれます。

 

日常生活で注意していただきたいこと

・姿勢(猫背や体の傾きに気を付けてください)

・いつも同じ腕や肩で荷物を持たない

・脚を組んで座るとき、いつも同じ側の脚を上にして組まない

・長時間、同じ側で横座りをしない

一覧ページに戻る